Module File for formmail Not Found! シニア〜いろいろ情報交換〜「シニアもんじゅ」へようこそ! - 歯石除去の方法


ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

検索

メインメニュー

歯石除去の方法 高ヒット
2016-7-30 11:33 投稿者: atmakeit (記事一覧) [ 554hit ]
歯茎の上の柔らかい歯石を取る歯石除去(スケーリング)

歯石除去は超音波の振動を与えながら歯石を粉砕して除去して行きます。特に歯茎の上の柔らかい歯石は比較的簡単に取れます。歯石はどんなに歯を磨いていても徐々に形成されていき、誰にでもできてしまうものなので、特に問題がなくても定期的に歯科医院を受診して除去してもらう必要があります。


歯茎の中の硬い歯石を取る歯石除去(ディープスケーリング)

血液を含む歯茎の中にできてしまった黒く硬い歯石は、歯にこびり付いています。歯と歯茎の隙間の歯周ポケット内の歯石は歯周病の原因となるものです。超音波の振動や歯石を取る細い器具を使って取って行きます。この時、歯茎が腫れていたり、出血があると取り残しが増えるため、出血が無い歯茎の状態にしてから、歯石を取る必要があります。歯周病ポケットの深さは4mmまではこのディープスケーリングで対応します。それ以上になると器具が届かないため、外科的な処置が必要になります。


歯肉剥離掻爬術(しにくはくりそうはじゅつ・フラップ手術)

5mm以上の歯周ポケットの中の歯石を取るために、麻酔をし歯茎に切開を入れて、歯茎を開いて歯石が見える状態にして取り除いていく方法です。歯の根は複雑な形をしており、5mm以上の歯周ポケット内の歯石を取り残さないために行います。また、同時に歯茎の中の骨の形を整えることによって歯周ポケットを浅くする方法も行います。

1.フラップ手術の時間と金額

保険内で処置が可能で1回に4本程度まとめて行い、金額は3割負担の方で10,000円前後です。処置時間は1時間程度です。

2.骨を作る処置を同時に行うこともある

歯の周りの骨が極端に減っている場所にはフラップ手術と同時に骨を作る処置を行います。骨を作ることによって深い歯周ポケットがなくなり、歯石が溜まりにくくなります。


歯石除去機器
http://www.dentaltools.jp/category-5-b0-%E8%B6%85%E9%9F%B3%E6%B3%A2%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC.html
ホームページURLhttp://www.dentaltools.jp
この記事の評価0.00 (投票数 0) 0.00 (投票数 0)投票する
カテゴリ内ページ移動 ( 18  件):     1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 18    
GNavi   (based on MyAlbum-P)
Powered by XOOPS Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.