Module File for formmail Not Found! シニア〜いろいろ情報交換〜「シニアもんじゅ」へようこそ! - アルツハイマー病は真菌などの微生物感染症の名残!?


ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

検索

メインメニュー

ホーム >  なるほど情報 >  香りと嗅覚 >  アルツハイマー病は真菌などの微生物感染症の名残!?
アルツハイマー病は真菌などの微生物感染症の名残!? 高ヒット
2017-3-14 21:30 投稿者: Monjyu (記事一覧) [ 767hit ]
  アルツハイマー病は、認知症の原因疾患として最多であり、発症者とその家族は、通常の社会活動が困難になるため、高齢化社会における社会的損失の大きい重要な疾患と位置づけられています。アルツハイマー型認知症は、多因子遺伝性疾患であり複合的な要因によって発症にいたると考えられています。病理学的プロセスとしては、βアミロイド蛋白の脳蓄積→タウ蛋白蓄積→神経細胞死→脳萎縮→認知機能低下→臨床症状の順であり、βアミロイド蛋白の蓄積を開始点とするアミロイドカスケード仮説が最も支持されています。従って、このアミロイド形成過程を制御するような治療法の開発が望まれています。   
  アミロイド要因説の他にも、アセチルコリン仮説、タウ仮説、グルタミン仮説、酸化ストレス仮説、脂質代謝異常、虚血、炎症、糖代謝異常といった様々な仮説が唱えられています。しかしこれらの仮説は、お互いに排他的なものではなく、アミロイドカスケード仮説を中核として、病期ごとや個人ごとの事象・相互作用などについてそれぞれの側面からとらえたものと考えられます。また最近の病因説の一つに、真菌、細菌、ウイルスなどの感染症説があります。   
  2016年3月のScience Alert に、31人のアルツハイマー病研究者からなる国際的な研究グループが、アルツハイマー病の原因について、従来の医学の通説を覆す主張を含む声明を発表しました。そのメッセージは、「 医学界はこの 10年間、アルツハイマー病の治療と予防に失敗し続けたが、今、アルツハイマー病が微生物によって拡散されていることを示す証拠を再評価する時に来ている」というものです。       
 感染症説としては、たとえばアルツハイマー病患者と対照患者から採取した脳組織標本を調べると、アルツハイマー病患者全員の脳組織切片から真菌細胞やその分解物が検出されたが、対照患者からは発見されない、という論文やヘルペスウイルスとアルツハイマー病に関する論文だけでも約100報もあるそうです。先の国際的研究グル−プの声明では、「アルツハイマー病は、活動を休止している微生物によるものだという証拠に疑いの余地はない。今こそ、特定の微生物が脳内にアミロイドプラークの蓄積を誘発しているという考えを真剣に検討するべき時が来ている」と主張しています。   
  では、どのような仕組みで真菌、細菌、ウイルスなどの微生物が、アルツハイマー病を引き起こす可能性が考えられるのでしょうか? このことに関して、最近アルツハイマー病患者の脳を破壊するとされてきたアミロイドベータ蛋白は、単なる老廃物の蓄積ではなく、微生物との戦いによって生じた名残であるという研究結果が示されました。実験的にマウスなどの動物の脳に感染症を引き起こしたところ、βアミロイド蓄積がおこり微生物を閉じ込めていることが観察されました。さらに、アミロイド蓄積が多い個体ほど抗感染力が大きいことも分かりました。このようにアルツハイマー病には感染症の既往が基礎にあり、そのことがβアミロイド蓄積の要因となっているという指摘は、一連のアミロイドカスケード仮説を補強する画期的な論文だと思われます。   
  アミロイドベ−タは、短期的には大切な抗感染の生体防御物質ですが、長期的には蓄積して新たな病因となってしまう二面性があるのかも知れません。類似の二面性を示す生体防御物質の例としてはサイトカインがあります。サイトカインは、微生物感染の初期では重要な働きをしますが、持続的で過剰な応答では、たとえば敗血症ショック、急性腎不全、結核の空洞などを引き起こすマイナス要因になってしまいます。アルツハイマー病の研究、治療がさらに進展することを期待しています。私に間に合うように。(by Mashi)  

参考文献:Deepak Kumar and  Vijaya Kumar, Amyloid-β peptide protects against microbial infection in mouse and worm models of Alzheimer’s disease. Science Translational Medicine (2016) Vol. 8, Issue 340, pp. 340ra72 DOI: 10.1126/scitranslmed.aaf1059
カテゴリ内ページ移動 ( 12  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  .. 12    
GNavi   (based on MyAlbum-P)
Powered by XOOPS Desinged by OCEAN-NET
Copyright(c)2004 All rights reserved.